アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「旧約聖書」のブログ記事

みんなの「旧約聖書」ブログ

タイトル 日 時
詩編119篇105〜112節 聖書を学ぶ会 2017年7月19日
105 あなたの御言葉は、わたしの道の光/わたしの歩みを照らす灯。 106 わたしは誓ったことを果たします。あなたの正しい裁きを守ります。 107 わたしは甚だしく卑しめられています。主よ、御言葉のとおり/命を得させてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/20 18:53
詩143篇1〜6節 聖書を学ぶ会 2017年7月13日
1 【賛歌。ダビデの詩。】 神を賛美する詩であり、ダビデの詩とされています。 主よ、わたしの祈りをお聞きください。嘆き祈る声に耳を傾けてください。あなたのまこと、恵みの御業によって/わたしに答えてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/13 12:19
詩編133篇 聖書を学ぶ会 2017年7月6日
1 【都に上る歌。ダビデの詩。】見よ、兄弟が共に座っている。なんという恵み、なんという喜び。 2 かぐわしい油が頭に注がれ、ひげに滴り/衣の襟に垂れるアロンのひげに滴り 3 ヘルモンにおく露のように/シオンの山々に滴り落ちる。シオンで、主は布告された/祝福と、とこしえの命を。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/06 13:25
詩38編 聖書を学ぶ会 2017年6月29日 
1 【賛歌。ダビデの詩。記念。】 神への賛美であり、ダビデの詩であり、記念と訳されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/29 12:36
2017年6月25日 マタイ福音書5章13-16節
13 「あなたがたは地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。もはや、何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。 14 あなたがたは世の光である。山の上にある町は、隠れることができない。 15 また、ともし火をともして升の下に置く者はいない。燭台の上に置く。そうすれば、家の中のものすべてを照らすのである。 16 そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/27 07:34
詩編099篇 聖書を学ぶ会 2017年6月8日
1 主こそ王。諸国の民よ、おののけ。主はケルビムの上に御座を置かれる。地よ、震えよ。 2 主はシオンにいまし、大いなる方。すべての民の上に高くいます。 3 御名の大いなること、畏るべきことを告白せよ。主は聖なる方。 4 力強い王、裁きを愛し、公平を固く定め/ヤコブに対する裁きと恵みの御業を/御自ら、成し遂げられる。 5 我らの神、主をあがめよ。その足台に向かってひれ伏せ。主は聖なる方。 6 主の祭司からはモーセとアロンが/御名を呼ぶ者からはサムエルが、主を呼ぶと/主は彼らに答... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/11 13:01
詩編095篇 聖書を学ぶ会 2017年5月17日 
1 主に向かって喜び歌おう。救いの岩に向かって喜びの叫びをあげよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/18 12:40
詩編118篇19〜29節 聖書を学ぶ会 2017年4月6日
19 正義の城門を開け/わたしは入って主に感謝しよう。  神を信じるということと、正義とは非常に密接な関係にあることが示されています。それは、私たちのいわゆる苦しい時の神頼みとは全く違っています。なにか人生の危機に直面して神様に祈るとき、私たちは正義を問題としていません。先日、フィギアスケートの羽生さんが逆転優勝をされました。その帰国を迎えるご婦人が、羽生さんの優勝を願って、お百度参りをしたということをおっしゃっていました。応援する一生懸命な気持ちで、それはそれで素晴らしいと思いますが、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/28 07:45
詩編145篇1-13節 聖書を学ぶ会 2017年3月23日
1 【賛美。ダビデの詩。】わたしの王、神よ、あなたをあがめ/世々限りなく御名をたたえます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/23 19:53
詩編036篇 聖書を学ぶ会 2017年2月23日
1 【指揮者によって。主の僕の詩。ダビデの詩。】 指揮者によって、ありますので神殿の礼拝などで用いられた前提が考えられます。「主の僕の詩」とされているのは特徴的です。「僕」は、いわゆる「奴隷」と同じ言葉が用いられています。ダビデの詩とありますのは、ダビデ王の作と考えても全然、支障がありません。ダビデ王は、一国の王ですが、それが主の僕、奴隷と自ら位置付けているのは、やはり特徴的なことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/01 11:54
詩編035篇 聖書を学ぶ会 2017年2月16日
1 【ダビデの詩。】主よ、わたしと争う者と争い/わたしと戦う者と戦ってください。 2 大盾と盾を取り/立ち上がってわたしを助けてください。 3 わたしに追い迫る者の前に/槍を構えて立ちふさがってください。どうか、わたしの魂に言ってください/「お前を救おう」と。 4 わたしの命を奪おうとする者は/恥に落とされ、嘲りを受けますように。わたしに災いを謀る者は/辱めを受けて退きますように。 5 風に飛ぶもみ殻となった彼らが/主の使いに追い払われますように。 6 道を暗闇に閉ざされ、足... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/16 18:11
詩編034篇 聖書を学ぶ会 2017年2月2日
1 【ダビデの詩。ダビデがアビメレクの前で狂気の人を装い、追放されたときに。】 2 どのようなときも、わたしは主をたたえ/わたしの口は絶えることなく賛美を歌う。 3 わたしの魂は主を賛美する。貧しい人よ、それを聞いて喜び祝え。 4 わたしと共に主をたたえよ。ひとつになって御名をあがめよう。 5 わたしは主に求め/主は答えてくださった。脅かすものから常に救い出してくださった。 6 主を仰ぎ見る人は光と輝き/辱めに顔を伏せることはない。 7 この貧しい人が呼び求める声を主は聞... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/09 10:10
詩編032篇 聖書を学ぶ会 2017年1月19日
1 【ダビデの詩。マスキール。】いかに幸いなことでしょう/背きを赦され、罪を覆っていただいた者は。 2 いかに幸いなことでしょう/主に咎を数えられず、心に欺きのない人は。 3 わたしは黙し続けて/絶え間ない呻きに骨まで朽ち果てました。 4 御手は昼も夜もわたしの上に重く/わたしの力は/夏の日照りにあって衰え果てました。〔セラ 5 わたしは罪をあなたに示し/咎を隠しませんでした。わたしは言いました/「主にわたしの背きを告白しよう」と。そのとき、あなたはわたしの罪と過ちを/赦してくだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/19 23:37
詩編031篇 聖書を学ぶ会 2017年1月12日
1 【指揮者によって。賛歌。ダビデの詩。】 2 主よ、御もとに身を寄せます。とこしえに恥に落とすことなく/恵みの御業によってわたしを助けてください。 3 あなたの耳をわたしに傾け/急いでわたしを救い出してください。砦の岩、城塞となってお救いください。 4 あなたはわたしの大岩、わたしの砦。御名にふさわしく、わたしを守り導き 5 隠された網に落ちたわたしを引き出してください。あなたはわたしの砦。 6 まことの神、主よ、御手にわたしの霊をゆだねます。わたしを贖ってください。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/13 22:06
詩編030篇 聖書を学ぶ会 2016年12月22日
1 【賛歌。神殿奉献の歌。ダビデの詩。】 2 主よ、あなたをあがめます。あなたは敵を喜ばせることなく/わたしを引き上げてくださいました。 3 わたしの神、主よ、叫び求めるわたしを/あなたは癒してくださいました。 4 主よ、あなたはわたしの魂を陰府から引き上げ/墓穴に下ることを免れさせ/わたしに命を得させてくださいました。 5 主の慈しみに生きる人々よ/主に賛美の歌をうたい/聖なる御名を唱え、感謝をささげよ。 6 ひととき、お怒りになっても/命を得させることを御旨としてくださる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/25 22:09
詩編029篇 聖書を学ぶ会 2016年12月15日
1 【賛歌。ダビデの詩。】神の子らよ、主に帰せよ/栄光と力を主に帰せよ 2 御名の栄光を主に帰せよ。聖なる輝きに満ちる主にひれ伏せ。 3 主の御声は水の上に響く。栄光の神の雷鳴はとどろく。主は大水の上にいます。 4 主の御声は力をもって響き/主の御声は輝きをもって響く。 5 主の御声は杉の木を砕き/主はレバノンの杉の木を砕き 6 レバノンを子牛のように/シルヨンを野牛の子のように躍らせる。 7 主の御声は炎を裂いて走らせる。 8 主の御声は荒れ野をもだえさせ/主はカデ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/16 10:36
詩編028篇 聖書を学ぶ会 2016年12月8日
1 【ダビデの詩。】主よ、あなたを呼び求めます。わたしの岩よ/わたしに対して沈黙しないでください。あなたが黙しておられるなら/わたしは墓に下る者とされてしまいます。 2 嘆き祈るわたしの声を聞いてください。至聖所に向かって手を上げ/あなたに救いを求めて叫びます。 3 神に逆らう者、悪を行う者と共に/わたしを引いて行かないでください。彼らは仲間に向かって平和を口にしますが/心には悪意を抱いています。 4 その仕業、悪事に応じて彼らに報いてください。その手のなすところに応じて/彼らに報い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/08 09:35
2016年12月4日 イザヤ59章12〜20節
 第二アドベントに入りました。町はクリスマスを迎える電飾やクリスマスセールで、にぎやかです。クリスマスの飾りもなかなかあか抜けていてきれいです。クリスマスソングや讃美歌も流れています。一年で一番、教会が注目される季節です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/04 15:47
詩編027篇 聖書を学ぶ会 2016年12月1日
1 【ダビデの詩。】主はわたしの光、わたしの救い/わたしは誰を恐れよう。主はわたしの命の砦/わたしは誰の前におののくことがあろう。 2 さいなむ者が迫り/わたしの肉を食い尽くそうとするが/わたしを苦しめるその敵こそ、かえって/よろめき倒れるであろう。 3 彼らがわたしに対して陣を敷いても/わたしの心は恐れない。わたしに向かって戦いを挑んで来ても/わたしには確信がある。 4 ひとつのことを主に願い、それだけを求めよう。命のある限り、主の家に宿り/主を仰ぎ望んで喜びを得/その宮で朝を迎え... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/01 19:19
詩編26篇 聖書を学ぶ会 2016年11月24日
1 【ダビデの詩。】主よ、あなたの裁きを望みます。わたしは完全な道を歩いてきました。主に信頼して、よろめいたことはありません。 2 主よ、わたしを調べ、試み/はらわたと心を火をもって試してください。 3 あなたの慈しみはわたしの目の前にあり/あなたのまことに従って歩き続けています。 4 偽る者と共に座らず/欺く者の仲間に入らず 5 悪事を謀る者の集いを憎み/主に逆らう者と共に座ることをしません。 6 主よ、わたしは手を洗って潔白を示し/あなたの祭壇を廻り 7 感謝の歌声を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/30 20:45
2016年11月20日 ミカ2:12-13「王の職務」
12 ヤコブよ、わたしはお前たちすべてを集め/イスラエルの残りの者を呼び寄せる。わたしは彼らを羊のように囲いの中に/群れのように、牧場に導いてひとつにする。彼らは人々と共にざわめく。 13 打ち破る者が、彼らに先立って上ると/他の者も打ち破って、門を通り、外に出る。彼らの王が彼らに先立って進み/主がその先頭に立たれる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/20 17:11
詩編25篇 聖書を学ぶ会 2016年11月17日
1 【ダビデの詩。】主よ、わたしの魂はあなたを仰ぎ望み 2 わたしの神よ、あなたに依り頼みます。どうか、わたしが恥を受けることのないように/敵が誇ることのないようにしてください。 3 あなたに望みをおく者はだれも/決して恥を受けることはありません。いたずらに人を欺く者が恥を受けるのです。 4 主よ、あなたの道をわたしに示し/あなたに従う道を教えてください。 5 あなたのまことにわたしを導いてください。教えてください/あなたはわたしを救ってくださる神。絶えることなくあなたに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/17 20:46
2016年11月13日 申命記18章15〜22節 「救いの約束」
 本日の説教個所である聖書の御言葉は、申命記18章15〜22節です。ここでは神の言葉を仲介して民に伝える預言者という職務について記述されています。 申命記18章は、最初にレビ人というイスラエル民族の中で、神殿での祭儀などに祭司として従事する人々についての規定がなされています。レビ人は神の民イスラエルの全部族の中から神様によって選ばれ、彼らは子々孫々永久に主の名によって仕える者とされたと宣言されています。そのあとに占いや魔術の禁止について記述されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/13 22:13
詩編024篇 聖書を学ぶ会 2016年11月10日
1 【ダビデの詩。賛歌。】地とそこに満ちるもの/世界とそこに住むものは、主のもの。 2 主は、大海の上に地の基を置き/潮の流れの上に世界を築かれた。 3 どのような人が、主の山に上り/聖所に立つことができるのか。 4 それは、潔白な手と清い心をもつ人。むなしいものに魂を奪われることなく/欺くものによって誓うことをしない人。 5 主はそのような人を祝福し/救いの神は恵みをお与えになる。 6 それは主を求める人/ヤコブの神よ、御顔を尋ね求める人。〔セラ 7 城門よ、頭を上げよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/10 20:19
2016年10月30日 イザヤ44章6〜17節 「堕落」
 聖書が証するイスラエルの神と偶像なる神との対立は、聖書の大きなテーマです。偶像なる神との戦いが聖書の中心テーマと言っても過言ではないほどです。  神が天地を創造されたという創世記の1-2章では、「神が7日で世界を創造されたというのは、おかしいではないか?」とか、「今時、『神様が天地を創造した』ということ自体がおかしい。神様などいるわけがないだろう」と言われます。しかし、それは、現代の問題意識であって、この聖書が書かれ、伝承されてきた、何千年という歴史の中では、ごく最近の特異な問題意識です。日... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/31 00:11
詩編022篇 聖書を学ぶ会2016年10月13日
1 【指揮者によって。 神殿の礼拝や祭儀など、その他、公の場で歌われた詩であること、歌であることが示されています。「暁の雌鹿」に合わせて。何か既成の曲に合わせたものと考えられますが、どのようなものであるかは伝わっていません。賛歌:神に対する賛美。ダビデの詩:ダビデが作った詩として伝承されてきました。そして、この詩は、キリスト教会にとって、特別な意味を持っている詩で、イエス・キリストの十字架の死と復活を予言しているものとして理解されています。実際のダビデの生涯にあてはめようとすると、サムエル記や列... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/20 12:53
詩編018篇25〜51節 聖書を学ぶ会 2016年9月1日
25 主はわたしの正しさに応じて返してくださる。御目に対してわたしの手は清い。 26 あなたの慈しみに生きる人に/あなたは慈しみを示し/無垢な人には無垢に 27 清い人には清くふるまい/心の曲がった者には背を向けられる。 28 あなたは貧しい民を救い上げ/高ぶる目を引き下ろされる。 29 主よ、あなたはわたしの灯を輝かし/神よ、あなたはわたしの闇を照らしてくださる。 30 あなたによって、わたしは敵軍を追い散らし/わたしの神によって、城壁を越える。 31 神の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/01 16:52
詩編17篇 聖書を学ぶ会 2016年6月19日
1 【祈り。ダビデの詩。】主よ、正しい訴えを聞き/わたしの叫びに耳を傾け/祈りに耳を向けてください。わたしの唇に欺きはありません。 2 御前からわたしのために裁きを送り出し/あなた御自身の目をもって公平に御覧ください。 3 -4 あなたはわたしの心を調べ、夜なお尋ね/火をもってわたしを試されますが/汚れた思いは何ひとつ御覧にならないでしょう。わたしの口は人の習いに従うことなく/あなたの唇の言葉を守ります。暴力の道を避けて 5 あなたの道をたどり/一歩一歩、揺らぐことなく進みま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/25 06:54
詩編15篇 聖書を学ぶ会 2016年6月9日
1 【賛歌。ダビデの詩。】主よ、どのような人が、あなたの幕屋に宿り/聖なる山に住むことができるのでしょうか。 2 それは、完全な道を歩き、正しいことを行う人。心には真実の言葉があり 3 舌には中傷をもたない人。友に災いをもたらさず、親しい人を嘲らない人。 4 主の目にかなわないものは退け/主を畏れる人を尊び/悪事をしないとの誓いを守る人。 5 金を貸しても利息を取らず/賄賂を受けて無実の人を陥れたりしない人。これらのことを守る人は/とこしえに揺らぐことがないでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/18 14:55
詩編014篇 聖書を学ぶ会 2016年6月2日
1 【指揮者によって。ダビデの詩。】神を知らぬ者は心に言う/「神などない」と。人々は腐敗している。忌むべき行いをする。善を行う者はいない。 2 主は天から人の子らを見渡し、探される/目覚めた人、神を求める人はいないか、と。 3 だれもかれも背き去った。皆ともに、汚れている。善を行う者はいない。ひとりもいない。 4 悪を行う者は知っているはずではないか。パンを食らうかのようにわたしの民を食らい/主を呼び求めることをしない者よ。 5 そのゆえにこそ、大いに恐れるがよい。神は従う人々の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/07 16:30
詩編013篇 聖書を学ぶ会 2016年5月26日
1 【指揮者によって。賛歌。ダビデの詩。】 2 いつまで、主よ/わたしを忘れておられるのか。いつまで、御顔をわたしから隠しておられるのか。 3 いつまで、わたしの魂は思い煩い/日々の嘆きが心を去らないのか。いつまで、敵はわたしに向かって誇るのか。 4 わたしの神、主よ、顧みてわたしに答え/わたしの目に光を与えてください/死の眠りに就くことのないように 5 敵が勝ったと思うことのないように/わたしを苦しめる者が/動揺するわたしを見て喜ぶことのないように。 6 あなたの慈しみに依... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/01 08:35
詩編11篇 聖書を学ぶ会 2016年5月12日
詩編011篇 1 【指揮者によって。ダビデの詩。】 主を、わたしは避けどころとしている。どうしてあなたたちはわたしの魂に言うのか/「鳥のように山へ逃れよ。 2 見よ、主に逆らう者が弓を張り、弦に矢をつがえ/闇の中から心のまっすぐな人を射ようとしている。 3 世の秩序が覆っているのに/主に従う人に何ができようか」と。 4 主は聖なる宮にいます。主は天に御座を置かれる。御目は人の子らを見渡し/そのまぶたは人の子らを調べる。 5 主は、主に従う人と逆らう者を調べ/不法を愛する者を憎... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/01 08:32
詩編008編 聖書を学ぶ会 2016年4月14日
1 【指揮者によって。ギティトに/合わせて。賛歌。ダビデの詩。】 2 主よ、わたしたちの主よ/あなたの御名は、いかに力強く/全地に満ちていることでしょう。天に輝くあなたの威光をたたえます 3 幼子、乳飲み子の口によって。あなたは刃向かう者に向かって砦を築き/報復する敵を絶ち滅ぼされます。 4 あなたの天を、あなたの指の業を/わたしは仰ぎます。月も、星も、あなたが配置なさったもの。 5 そのあなたが御心に留めてくださるとは/人間は何ものなのでしょう。人の子は何ものなのでしょう/あな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/15 12:16
詩編6 聖書を学ぶ会 2016年3月17日 
1 【指揮者によって。伴奏付き。第八調。賛歌。ダビデの詩。】 2 主よ、怒ってわたしを責めないでください/憤って懲らしめないでください。 3 主よ、憐れんでください/わたしは嘆き悲しんでいます。主よ、癒してください、わたしの骨は恐れ 4 わたしの魂は恐れおののいています。主よ、いつまでなのでしょう。 5 主よ、立ち帰り/わたしの魂を助け出してください。あなたの慈しみにふさわしく/わたしを救ってください。 6 死の国へ行けば、だれもあなたの名を唱えず/陰府に入れば/だれもあなた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/24 16:27
詩編005編 聖書を学ぶ会 2016年3月10日
1 【指揮者によって。笛に合わせて。賛歌。ダビデの詩。】 2 主よ、わたしの言葉に耳を傾け/つぶやきを聞き分けてください。 3 わたしの王、わたしの神よ/助けを求めて叫ぶ声を聞いてください。あなたに向かって祈ります。 4 主よ、朝ごとに、わたしの声を聞いてください。朝ごとに、わたしは御前に訴え出て/あなたを仰ぎ望みます。 5 あなたは、決して/逆らう者を喜ぶ神ではありません。悪人は御もとに宿ることを許されず 6 誇り高い者は御目に向かって立つことができず/悪を行う者はすべて憎... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/11 22:44
詩編004編 聖書を学ぶ会 2016年3月3日 
1:【指揮者によって。伴奏付き。賛歌。ダビデの詩。】 2:呼び求めるわたしに答えてください/わたしの正しさを認めてくださる神よ。苦難から解き放ってください/憐れんで、祈りを聞いてください。 3:人の子らよ/いつまでわたしの名誉を辱めにさらすのか/むなしさを愛し、偽りを求めるのか。〔セラ 4:主の慈しみに生きる人を主は見分けて/呼び求める声を聞いてくださると知れ。 5:おののいて罪を離れよ。横たわるときも自らの心と語り/そして沈黙に入れ。〔セラ 6:ふさわしい献げ物をささげて、主... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/03 21:47
2016年2月25日詩編003編
1:【賛歌。ダビデの詩。ダビデがその子/アブサロムを逃れたとき。】 2:主よ、わたしを苦しめる者は/どこまで増えるのでしょうか。多くの者がわたしに立ち向かい 3:多くの者がわたしに言います/「彼に神の救いなどあるものか」と。〔セラ 4:主よ、それでも/あなたはわたしの盾、わたしの栄え/わたしの頭を高くあげてくださる方。 5:主に向かって声をあげれば/聖なる山から答えてくださいます。〔セラ 6:身を横たえて眠り/わたしはまた、目覚めます。主が支えていてくださいます。 7:いか... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/26 08:58
2016年2月18日 詩編2編
1:なにゆえ、国々は騒ぎ立ち/人々はむなしく声をあげるのか。 2:なにゆえ、地上の王は構え、支配者は結束して/主に逆らい、主の油注がれた方に逆らうのか 3:「我らは、枷をはずし/縄を切って投げ捨てよう」と。 4:天を王座とする方は笑い/主は彼らを嘲り 5:憤って、恐怖に落とし/怒って、彼らに宣言される。 6:「聖なる山シオンで/わたしは自ら、王を即位させた。」 7:主の定められたところに従ってわたしは述べよう。主はわたしに告げられた。「お前はわたしの子/今日、わたしはお前... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/18 22:21
聖書を学ぶ会 2016年2月4日 詩編 001編
1:いかに幸いなことか/神に逆らう者の計らいに従って歩まず/罪ある者の道にとどまらず/傲慢な者と共に座らず 2:主の教えを愛し/その教えを昼も夜も口ずさむ人。 3:その人は流れのほとりに植えられた木。ときが巡り来れば実を結び/葉もしおれることがない。その人のすることはすべて、繁栄をもたらす。 4:神に逆らう者はそうではない。彼は風に吹き飛ばされるもみ殻。 5:神に逆らう者は裁きに堪えず/罪ある者は神に従う人の集いに堪えない。 6:神に従う人の道を主は知っていてくださる。神に逆... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/05 09:26
2015年11月19日 列王記上20章1〜43節
 アラムの王、ベン・ハダドが全軍を率いて、アハブ王のサマリヤに攻めてきました。三十二人の王侯、軍馬、戦車をそろえたということからもどのような大軍であったかが分かります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/23 22:53
2015年11月12日 列王記上 19章 19〜21節
エリヤは、王妃イゼベルから命を狙われ、サマリヤの国外へ脱出し、ユダを通り過ぎ、荒野をさらに南下して神の山ホレブに至ります。モーセがかつて十戒を神様から受け取った、イスラエルにとって、もっとも大きな歴史的出来事があった山です。その歴史的事件を思い起こすとき、十戒の書かれた二枚の石板を受け取って、山を降りてくる、モーセの姿と共に、モーセがいない間に、金の子牛を造って偶像礼拝を始めてしまっていたイスラエルの愚かさが同時に思い起こされます。 イゼベルによって、バアル信仰が北イスラエル王国にもたらさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/23 22:32
2015年12月20日 イザヤ書/ 07章10〜 14節(クリスマス礼拝)
 クリスマスは、イエス・キリストの誕生を記念する礼拝です。キリスト・マスがつづまってクリスマスとなり、マスはミサの意味で、礼拝です。神様が、この世に、私たち罪深い人間が、その罪を赦されて、永遠に生きることができるようになるためにイエス・キリストをこの世に下さったことを感謝しお祝いするための礼拝です。神様が、イエス・キリストをこの世に下さったということにちなんで、私たちも隣人にプレゼントをするという習慣ができた訳です。「神を愛し、隣人を愛しなさい」と神様は私たちに命じていますから、神を愛することと... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/20 22:31
2015年11月5日 列王記上 19章 9〜18節
カルメル山で、バアルの預言者との祈りの戦いに勝利したエリヤですが、にもかかわらず、王妃イザベルは、エリヤに殺されたバアルの預言者たちの敵を取ろうとし、命を狙われます。エリヤは、王妃イザベルを恐れて直ちに逃げました。カルメル山であれほどの神の力を見せつけながら、エリヤは、その力をイザベルに向かって行使して、彼女を天の火で焼き殺してしまうこともできたでしょうが、そのようなことをするのではなく、逃げ惑い、力尽きて、「もうだめだ」と弱音を吐きます。神は、御使いを送ってエリヤをパンと菓子と水で力づけ、エ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/17 18:45
2015年11月29日 イザヤ書52章 02〜10節
今、日本のキリスト教会には希望がない、未来がないと言われているそうです。高齢化が進み、どんどん教会の規模が小さくなっている。東京などの大都市の教会も下降線をたどっているようです。そして、むしろこの頼みの都会の教会の人数的な規模がどんどん縮小しているのが、その危機感の原因のようです。大都市の教会が衰退しているのですから、地方は以前からもっと伝道が低迷していたので、顧みるまでもないというような状態だそうです。日本のキリスト教世界では有名な同志社大学神学部では、今年の卒業生の中で、牧師になったのは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/29 17:49
2015年11月22日 エレミヤ23章1−6節「王の職務」
 先々週、金曜日にパリで同時テロ事件がありました。この事態に、誰もが不安を募らせています。テロ組織は、イスラム教徒を標ぼうしており、キリスト教世界とイスラム教世界の対立を狙っています。テロ組織が自分たちの旗としている黒い旗は、イスラム教において、聖戦(ジハード)を宣言するものだそうです。しかし、イスラム教の世界からもISISなどの動きは、本来のイスラム教ではないという宣言が出されています。  テロ組織を壊滅させようとして軍隊を出して空爆を行えば、多くの無実の人々が巻き添えになり、憎しみの連鎖が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/22 15:31
2015年10月22日 列王記上 19章 01〜8節
 エリヤの言葉によって三年に亘って雨が降らず、たった一人でバアルの預言者と祈りの対決をしてこれに公衆の面前で勝利し、天から火が下って神への捧げものが焼き尽くされ、「激しい雨の音が聞こえる」とエリヤが告げると、雲一つない空の彼方に小さな雲が現れ、ついにイスラエルのサマリヤに雨がもたらされます。苦難の末のエリヤの大勝利であり、エリヤが国中から尊敬と敬意を集め、すべての民はイスラエルの神を称えて、異教の神々を捨て去り、宗教改革がエリヤの手によってなされるはずでありました。アハブ王は、自分が体験したこと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/09 20:04
2015年11月8日 創世記12章1〜9節 神の民の選び(アブラハム)」旧約p.15
 主はアブラムに言われた。「あなたは生まれ故郷/父の家を離れて/わたしが示す地に行きなさい。わたしはあなたを大いなる国民にし/あなたを祝福し、あなたの名を高める/祝福の源となるように。あなたを祝福する人をわたしは祝福し/あなたを呪う者をわたしは呪う。地上の氏族はすべて/あなたによって祝福に入る。」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/08 22:24
2015年10月8日 列王記上 18章41〜46節
 アハブ王の時代、アハブ王が隣国シドンから迎えた妻イゼベルによって偶像の神であるバアル信仰がイスラエルに持ち込まれます。イゼベルは、自分の信じるバアル信仰を保護し、唯一真のイスラエルの神に仕える預言者たちを迫害しました。イスラエルは、自分たちを救い、導いている真の神の信仰を見失ってしまったのです。  この暗闇に神は預言者エリヤを遣わして、イスラエルを闇からご自身の光のもとへと連れ戻そうとされました。  エリヤはアハブ王に、「生きて働いておられる神のゆえに、私が告げるまで雨が降らない」と通告し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/08 22:18
2015年11月1日 創世記3章1〜15節、ヨハネ3章13〜21節、「堕落」
主なる神が造られた野の生き物のうちで、最も賢いのは蛇であった。蛇は女に言った。「園のどの木からも食べてはいけない、などと神は言われたのか。」 女は蛇に答えた。「わたしたちは園の木の果実を食べてもよいのです。 でも、園の中央に生えている木の果実だけは、食べてはいけない、触れてもいけない、死んではいけないから、と神様はおっしゃいました。」 蛇は女に言った。「決して死ぬことはない。 それを食べると、目が開け、神のように善悪を知るものとなることを神はご存じなのだ。」 女が見ると、その木は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/02 09:53
2015年10月23日 青年集会 詩編6編
【指揮者によって。伴奏付き。第八調。賛歌。ダビデの詩。】 主よ、怒ってわたしを責めないでください 憤って懲らしめないでください。 主よ、憐れんでください わたしは嘆き悲しんでいます。主よ、癒してください、わたしの骨は恐れ わたしの魂は恐れおののいています。主よ、いつまでなのでしょう。 主よ、立ち帰り わたしの魂を助け出してください。あなたの慈しみにふさわしく わたしを救ってください。 死の国へ行けば、だれもあなたの名を唱えず 陰府に入れば だれもあなたに感謝を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/24 12:26
2015年10月1日 列王記上 18章 16〜46節
列王記上 18章 16〜46節   16:オバドヤはアハブに会って知らせたので、アハブはエリヤに会いに来た。 17:アハブはエリヤを見ると、「お前か、イスラエルを煩わす者よ」と言った。 18:エリヤは言った。「わたしではなく、主の戒めを捨て、バアルに従っているあなたとあなたの父の家こそ、イスラエルを煩わしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/05 09:54
聖書を学ぶ会 2015年9月24日 列王記上 18章 1〜16節
多くの日を重ねて三年目のこと、主の言葉がエリヤに臨んだ。「行って、アハブの前に姿を現せ。わたしはこの地の面に雨を降らせる。」列王記上/ 18章 01節 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/24 22:25
聖書を学ぶ会 2015年9月10日 列王記上17章 01〜24節
 16章の最後には、神の奇蹟によって壁が崩壊して陥落したエリコがべテルの人ヒエルによって再建されたことが書かれていました。ヨシュアがこの町を再建しようとする者は、息子を失うと預言した通りに、ヒエルの長男と末子は死にます。イスラエルがこの豊かな神の約束の地に入った、いわば建国当時の精神を全く失ってしまったことが、このエリコの再建には象徴されています。またイスラエルの王アハブは、このイスラエル王国のそれまでのどの王にも増して悪しき王であったと聖書は伝えています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/21 23:19
聖書を学ぶ会 2015年9月3日 列王記上16章8〜34節
 ハイデルベルク信仰問答を一通り終えて、次は何を取り上げようかと少し考えました。2007年12月13日に列王記上16章7節までを学び、来会者の関係などもあり、これを中断していましたので、再開することに致しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/04 19:39

トップへ | みんなの「旧約聖書」ブログ

水戸中央教会 牧師室 旧約聖書のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる